歎異抄【第十二章】(原文)

歎異抄【第十二章】(原文)

経釈を読み学せざる輩、往生不定の由のこと。この条、すこぶる不足言の義と言いつべし。

他力真実の旨を明かせる諸の聖教は、本願を信じ念仏を申さば仏に成る、そのほか何の学問かは往生の要なるべきや。まことにこの理に迷えらん人は、いかにもいかにも学問して、本願の旨を知るべきなり。経釈を読み学すといえども、聖教の本意を心得ざる条、もっとも不便のことなり。

一文不通にして経釈の行く路も知らざらん人の、称えやすからんための名号におわしますゆえに、易行という。学問を旨とするは聖道門なり、難行と名づく。「あやまって学問して名聞利養のおもいに住する人、順次の往生いかがあらんずらん」という証文も候べきや。

当時、専修念仏の人と聖道門の人、諍論を企てて、「わが宗こそ勝れたれ、人の宗は劣りなり」と言うほどに、法敵も出で来り、謗法もおこる。これしかしながら、自らわが法を破謗するにあらずや。たとい諸門こぞりて「念仏はかいなき人のためなり、その宗浅しいやし」と言うとも、さらに争わずして、「我らがごとく下根の凡夫、一文不通の者の、信ずれば助かる由、承りて信じ候えば、さらに上根の人のためにはいやしくとも、我らがためには最上の法にてまします。たとい自余の教法は勝れたりとも、自らがためには器量及ばざれば、つとめがたし。我も人も生死を離れんことこそ諸仏の御本意にておわしませば、御妨げあるべからず」とて、にくい気せずは、誰の人かありて仇をなすべきや。かつは「諍論のところには諸の煩悩おこる、智者遠離すべき」由の証文候にこそ。

故聖人の仰せには、「『この法をば信ずる衆生もあり、謗る衆生もあるべし』と、仏説きおかせたまいたることなれば、我はすでに信じたてまつる、また人ありて謗るにて、仏説まことなりけりと知られ候。しかれば『往生はいよいよ一定』と思いたまうべきなり。あやまって謗る人の候わざらんにこそ、『いかに信ずる人はあれども、謗る人のなきやらん』ともおぼえ候いぬべけれ。かく申せばとて、必ず人に謗られんとにはあらず。仏のかねて信謗ともにあるべき旨を知ろしめして、『人の疑いをあらせじ』と説きおかせたまうことを申すなり」とこそ候いしか。

今の世には、学問して人の謗りをやめ、ひとえに論義問答旨とせんとかまえられ候にや。学問せば、いよいよ如来の御本意を知り、悲願の広大の旨をも存知して、「いやしからん身にて往生はいかが」なんどと危ぶまん人にも、本願には善悪・浄穢なき趣をも説き聞かせられ候わばこそ、学匠の甲斐にても候わめ、たまたま何心もなく本願に相応して念仏する人をも、「学問してこそ」なんどと言いおどさるること、法の魔障なり、仏の怨敵なり。自ら他力の信心欠くるのみならず、あやまって他を迷わさんとす。

つつしんで恐るべし、先師の御心に背くことを。かねて憐れむべし、弥陀の本願にあらざることを。

歎異抄については、親鸞会のサイトでも詳しく書かれてあるようです。

歎異抄【第十二章】原文

歎異抄【第十二章】(原文)

経釈を読み学せざる輩、往生不定の由のこと。この条、すこぶる不足言の義と言いつべし。

他力真実の旨を明かせる諸の聖教は、本願を信じ念仏を申さば仏に成る、そのほか何の学問かは往生の要なるべきや。まことにこの理に迷えらん人は、いかにもいかにも学問して、本願の旨を知るべきなり。経釈を読み学すといえども、聖教の本意を心得ざる条、もっとも不便のことなり。

一文不通にして経釈の行く路も知らざらん人の、称えやすからんための名号におわしますゆえに、易行という。学問を旨とするは聖道門なり、難行と名づく。「あやまって学問して名聞利養のおもいに住する人、順次の往生いかがあらんずらん」という証文も候べきや。

当時、専修念仏の人と聖道門の人、諍論を企てて、「わが宗こそ勝れたれ、人の宗は劣りなり」と言うほどに、法敵も出で来り、謗法もおこる。これしかしながら、自らわが法を破謗するにあらずや。たとい諸門こぞりて「念仏はかいなき人のためなり、その宗浅しいやし」と言うとも、さらに争わずして、「我らがごとく下根の凡夫、一文不通の者の、信ずれば助かる由、承りて信じ候えば、さらに上根の人のためにはいやしくとも、我らがためには最上の法にてまします。たとい自余の教法は勝れたりとも、自らがためには器量及ばざれば、つとめがたし。我も人も生死を離れんことこそ諸仏の御本意にておわしませば、御妨げあるべからず」とて、にくい気せずは、誰の人かありて仇をなすべきや。かつは「諍論のところには諸の煩悩おこる、智者遠離すべき」由の証文候にこそ。

故聖人の仰せには、「『この法をば信ずる衆生もあり、謗る衆生もあるべし』と、仏説きおかせたまいたることなれば、我はすでに信じたてまつる、また人ありて謗るにて、仏説まことなりけりと知られ候。しかれば『往生はいよいよ一定』と思いたまうべきなり。あやまって謗る人の候わざらんにこそ、『いかに信ずる人はあれども、謗る人のなきやらん』ともおぼえ候いぬべけれ。かく申せばとて、必ず人に謗られんとにはあらず。仏のかねて信謗ともにあるべき旨を知ろしめして、『人の疑いをあらせじ』と説きおかせたまうことを申すなり」とこそ候いしか。

今の世には、学問して人の謗りをやめ、ひとえに論義問答旨とせんとかまえられ候にや。学問せば、いよいよ如来の御本意を知り、悲願の広大の旨をも存知して、「いやしからん身にて往生はいかが」なんどと危ぶまん人にも、本願には善悪・浄穢なき趣をも説き聞かせられ候わばこそ、学匠の甲斐にても候わめ、たまたま何心もなく本願に相応して念仏する人をも、「学問してこそ」なんどと言いおどさるること、法の魔障なり、仏の怨敵なり。自ら他力の信心欠くるのみならず、あやまって他を迷わさんとす。

つつしんで恐るべし、先師の御心に背くことを。かねて憐れむべし、弥陀の本願にあらざることを。

歎異抄については、親鸞会のサイトでも詳しく書かれてあるようです。

歎異抄【第十一章】(原文)

歎異抄【第十一章】(原文)

一文不通の輩の念仏申すにおうて、「汝は誓願不思議を信じて念仏申すか、また名号不思議を信ずるか」と言い驚かして、二つの不思議の子細をも分明に言いひらかずして、人の心を惑わすこと。この条、かえすがえすも心をとどめて思い分くべきことなり。

誓願の不思議によりて、たもちやすく、称えやすき名号を案じ出したまいて、「この名字を称えん者を迎えとらん」と御約束あることなれば、まず「弥陀の大悲 大願の不思議に助けられまいらせて生死を出ずべし」と信じて、「念仏の申さるるも、如来の御計らいなり」と思えば、少しも自らの計らい交わらざるがゆえ に、本願に相応して実報土に往生するなり。これは誓願の不思議をむねと信じたてまつれば、名号の不思議も具足して、誓願・名号の不思議一つにして、さらに 異なることなきなり。

次に自らの計らいをさしはさみて、善悪の二つにつきて、往生の助け・障り、二様に思うは、誓願の不思議をばたのまず して、わが心に往生の業を励みて、申すところの念仏をも自行になすなり。この人は、名号の不思議をもまた信ぜざるなり。信ぜざれども、辺地・懈慢・疑城・ 胎宮にも往生して、果遂の願のゆえに、ついに報土に生ずるは、名号不思議の力なり。これすなわち誓願不思議のゆえなれば、ただ一つなるべし。

歎異抄・第10章(原文)

【第十章】

念仏には無義をもって義とす、不可称・不可説・不可思議のゆえに、と仰せ候いき。

歎異抄・第九章(原文)

歎異抄【第九章】原文

「念仏申し候えども、踊躍歓喜の心おろそかに候こと、また急ぎ浄土へ参りたき心の候わぬは、いかにと候べきことにて候やらん」と申しいれて候いしかば、

「親鸞もこの不審ありつるに、唯円房、同じ心にてありけり。よくよく案じみれば、天におどり地におどるほどに喜ぶべきことを喜ばぬにて、いよいよ往生は一定と思いたまうべきなり。

 喜ぶべき心を抑えて喜ばせざるは、煩悩の所為なり。しかるに仏かねて知ろしめして、煩悩具足の凡夫と仰せられたることなれば、他力の悲願は、かくのごときの我らがためなりけりと知られて、いよいよ頼もしく覚ゆるなり。

 また浄土へ急ぎ参りたき心のなくて、いささか所労のこともあれば、死なんずるやらんと心細く覚ゆることも、煩悩の所為なり。

 久遠劫より今まで流転せる苦悩の旧里はすてがたく、いまだ生まれざる安養の浄土は恋しからず候こと、まことによくよく煩悩の興盛に候にこそ。

 名残惜しく思えども、娑婆の縁つきて力なくして終わるときに、かの土へは参るべきなり。急ぎ参りたき心なき者を、ことに憐れみたまうなり。

 これにつけてこそ、いよいよ大悲大願は頼もしく、往生は決定と存じ候え。

 踊躍歓喜の心もあり、急ぎ浄土へも参りたく候わんには、煩悩のなきやらんと、あやしく候いなまし」と云々。

歎異抄・第八章(原文)

歎異抄・第八章(原文)

念仏は行者のために非行・非善なり。
わが計らいにて行ずるにあらざれば非行という、わが計らいにて​つくる善にもあらざれば非善という。  ひとえに他力にして自力を離れたるゆえに、行者のためには非行​・非善なり、と云々。

歎異抄・第七章(原文)

歎異抄・第七章(原文)
念仏者は無碍の一道なり。そのいわれ如何とならば、信心の行者には、天神・地祇も敬伏し、魔界・外道も障碍することなし。罪悪も業報を感ずることあたわず、諸善も及ぶことなきゆえに、無碍の一道なり、と云々。

歎異抄・第六章(原文)

歎異抄 第六章(原文)

 専修念仏の輩の、「わが弟子、ひとの弟子」という相論の候らんこと、もってのほかの子細なり。

 親鸞は弟子一人ももたず候。

 そのゆえは、わが計らいにて人に念仏を申させ候わばこそ、弟子にても候わめ、ひとえに弥陀の御もよおしにあずかりて念仏申し候人を、「わが弟子」と申すこと、極めたる荒涼のことなり。

 つくべき縁あれば伴い、離るべき縁あれば離るることのあるをも、「師を背きて人につれて念仏すれば、往生すべからざるものなり」なんどいうこと不可説なり。

 如来より賜りたる信心を、わがもの顔に取り返さんと申すにや。かえすがえすも、あるべからざることなり。

 自然の理にあいかなわば、仏恩をも知り、また師の恩をも知るべきなり、と云々。

歎異抄・第五章(原文)

 【歎異抄第五章】 (原文)

 親鸞は父母の孝養のためとて念仏、一返にても申したることいまだ候わず。  そのゆえは、一切の有情は皆もって世々生々の父母兄弟なり。いずれもいずれも、この順次生に仏に成りて助け候べきなり。  わが力にて励む善にても候わばこそ、念仏を廻向して父母をも助け候わめ、ただ自力をすてて急ぎ浄土のさとりを開きなば、六道四生のあいだ、いずれの業苦に沈めりとも、神通方便をもってまず有縁を度すべきなり、と云々。

歎異抄(原文)第四章

歎異抄第四章・原文
  
慈悲に聖道・浄土のかはりめあり。
聖道の慈悲といふは、ものをあはれみ、かなしみ、はぐくむなり。
しかれども、おもふがごとくたすけとぐること、きはめてありがたし。
浄土の慈悲といふは、念仏して、いそぎ仏になりて、大慈大悲心をもつて、おもふがごとく衆生を利益するをいふべきなり。
今生に、いかにいとほし不便とおもふとも、存知のごとくたすけがたければ、この慈悲始終なし。
しかれば、念仏申すのみぞ、すえとおりたる大慈悲心にて候ふべきと云々。

次ページへ »